1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 急増する不織布マスク指定

急増する不織布マスク指定

不織布マスク

こんにちは、あんしん壱番の矢沢です。

現在さまざまな施設で、「不織布マスク着用のお願い」が増えています。
美容室、病院、英会話教室、ウエディングドレスのレンタルショップなど、様々な業種で不織布マスク指定が広がっており、不織布マスクを持っていない人には、不織布マスクを配布する施設もあるようです。

なぜ今、不織布マスクが注目される?

スーパーコンピューター「富岳」のシュミレーション結果
今、不織布マスクが注目されるのは、国立研究開発法人「理化学研究所」によるスーパーコンピューター「富岳」を使ったシミュレーションで、不織布マスクは吐き出した飛沫を80%カットし、吸い込んだ飛沫は70%カットするという結果の影響が大きいと思います。

最近、私の通勤時の電車やホームでは、不織布マスクをしている人の割合が増えたように思います。以前はウレタンマスクをしている人が結構多くいましたが、今はとても少なくなっています。

状況やシチュエーションに合わせて使い分ける

マスクは状況やシチュエーションに合わせて使い分ける
布マスクやウレタンマスクに比べて、不織布マスクの方が、飛沫の飛散を抑える効果が高い傾向にあることが富岳のシュミレーション結果で分かりましたが、マスクは性能だけでなく、付け心地や対費用効果も考慮して選ぶのが良いと思います。

専門家によると、散歩やジョギングなど屋外では、布やウレタンのマスクでも十分で、日常のオフィスなら布マスク、人が集まる密になるような機会があるなら不織布マスクを着けることを提案しています。状況やシチュエーションに合わせて使い分けることが大切なんですね。


一覧へ戻る

カテゴリー