1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. カギの閉め忘れ防止グッズChecKEYの新製品登場!

カギの閉め忘れ防止グッズChecKEYの新製品登場!

空き巣被害の約4割がドアや窓の閉め忘れが原因

外出時のカギの閉め忘れの不安
こんにちは、あんしん壱番の矢沢です。

空き巣被害の約4割がドアや窓の閉め忘れが原因と言われており、外出時にはカギの閉め忘れの不安がつきものです。家を出た後に、玄関のカギを閉めた記憶がなく、不安になって戻ったことはありませんか?

私も何度か確認に戻ったことがありますが、本当に時間を無駄にしますよね。でも、カギを閉め忘れていないかが気になりだすと不安になり、戻らないわけにはいきませんよね。(;´▽`A“

鍵の施解錠状態をひと目で確認!鍵の閉め忘れ防止に!

鍵の施解錠状態をひと目で確認!鍵の閉め忘れ防止に!
そんなカギの閉め忘れの不安を解消してくれるグッズが、カギを閉めると本体の表示窓の色が変わり、施錠・解錠の状態がひと目で確認可能な「MIWA ChecKEY2(チェッキー2)」です。「ChecKEY2(チェッキー2)」は、人気の「ChecKEY(チェッキー)」のニューモデルでデザインなど仕様が変更されています。

従来のChecKEY(チェッキー)との違い

従来のチェッキーと比べ小さくなりました

従来のチェッキーと比べ小さくなりました
プラスドライバー(1番)1本あれば簡単に取り付けることができます。従来品のチェッキーより、長さ:-8mm、幅-1.2mm、厚さ:-3.7mmと本体サイズが小さくなりました。表示窓の位置も変わり、さらに見やすくなりました。

ホワイトとブラックの2色展開

ホワイトとブラックの2色展開
チェッキーはホワイトのみでしたが、新たにブラックが追加され、お好みのカラーをお選びいただけるようになりました。

シャッター付きシリンダーに対応

シャッター付きシリンダーに対応
チェッキーでは使用できなかった「シャッター付きPSシリンダー」にも対応可能になりました。

ICチップは内蔵式からタグ取り付け式に変更

ICチップは内蔵式からタグ取り付け式に変更
共用エントランスを非接触キーで開扉しているマンション物件でも、樹脂カバー内のICチップを入れ替えることでご使用いただけます。ICチップは内蔵式からタグ取り付け式に変更されました。

取付可能なキーの種類

取付可能なキーの種類
キーの持ち手部分のデザインが、上図と同じキーにはChecKEY2が装着可能です。現在初代ChecKEYをご使用中の場合は、付け替えも可能です。

使用できないカギの種類

使用できないカギの種類
上図のタイプの鍵には使用できません。ご購入前にご確認ください。

鍵番号を隠して不正な合鍵作成を防止!

鍵番号を隠して不正な合鍵作成を防止
キーに刻印されている鍵番号さえわかれば、誰でも簡単に合鍵が作れてしまします。無造作にテーブルなどの上に置いたままにしたりすると、ちょっとした隙に他人に鍵番号を知られてしまう可能性があります。ChecKEY2を取り付ける事で鍵番号が隠れますので、「カギの閉め忘れ防止」と「鍵番号の盗み見防止」のまさに一石二鳥です。

単身世帯向けに開発された「ChecKEY(チェッキー)」と「ChecKEY2(チェッキー2)」は、1人暮らしの女性や高齢者の方におススメの商品です。



一覧へ戻る

カテゴリー