1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 鍵閉めたっけ?の不安を解消する方法

鍵閉めたっけ?の不安を解消する方法

ふと思い出す
今日鍵かけて家出たかな?と出先で急に不安になることありませんか?
確信できる証拠がないと、帰宅するまで一日不安を抱えたまま過ごすしかないつらさ…
解決策となる方法を3つ提案します!

1.指差し確認

指差し確認
玄関を出て鍵を閉めた後、指をさして「閉めたぞ!」と思うことで、今鍵を閉めたということが記憶に残り、後からどうだったかな?と思うことがなくなります。
玄関の鍵だけではなくガスや電気も「消したぞ!」と指差し確認することで不安は減るでしょう。
「カギよーし!」など声を出す指差し呼称にグレードアップするとさらに記憶に残りやすくなります。

2.チェッキーをキーにつける



チェッキー


カギを閉めると本体の表示窓の色が変わり、施錠・解錠の状態がひと目で確認できます。
特に一人暮らしで自分だけが施解錠する場合、施錠されているかどうかは自分が持っているチェッキー付きのキーを見るとすぐにわかります。
家族で使っている場合も、自分は戸締りをして外出したかどうかを思い出す分には効果的です。

チェッキーの注意点

MIWAのキーにしか対応していないため、GOALなどのメーカーの鍵には使用できません。
キーの種類はご購入前に確認してみてください。

3.オートロック(ニンジャロック)にする

ニンジャロック
ニンジャロック


こちらはスマートロックなので、キーを持ち歩かずスマホやキーパッドで施解錠ができるというメリットもあります。
ドアが閉まってから数秒後に自動で施錠されるように設定することができるため、万が一閉め忘れて外出してしまってもニンジャロックが勝手に閉めてくれます。

鍵の閉め忘れ防止で不安解消&防犯対策

不安なまま一日を過ごすことはストレスにもなりますし、合理的ではないと思います。
どうしても不安になってしまう場合は、閉め忘れても自動で施錠してくれるオートロック式にしておくことがオススメです!

時には便利アイテムを使いつつ安心な生活を送りましょう(´▽`)

それでは(‘ω’)ノ

一覧へ戻る

記事カテゴリー