1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 災害時、断水で入浴できない時の対処法!ウェット手袋を使ってみた

災害時、断水で入浴できない時の対処法!ウェット手袋を使ってみた

こんにちは、あんしん壱番の李(Lee)です。

実は先日、目の手術をしたのですが数日間は目に水が入ってはいけないので、髪の毛を洗うのを禁止されていました。
この夏の暑い日に洗髪できないのはかなりきつい…。
ということで事前に洗い流す必要がないシャンプーを準備していました!

おすすめ利用シーン

この商品はもともと災害時に断水してしまって、入浴できない時のために開発されたものです。
でも入浴できないシーンって意外と多いですよね。
災害で断水してしまったとき、入院中、シャワー室がないキャンプ場に宿泊する時、登山で山小屋に一晩泊る時などなど…。

1~2日であれば我慢しようと思えばできるかもしれませんが、やっぱり洗髪していないと何か気持ち悪いですよね。
そんな時にオススメなのがドライシャンプーです。

ドライシャンプーは水を必要としないシャンプーです。泡立つこともなく、髪の毛も少し湿る程度なので、タオルで拭きとる必要もないという優れものです。

実際に使ってみた


ということで実際に使ってみました。
パッケージはこんな感じ。かなり薄いので防災リュックや登山バックに入れやすそうです。


開封するとこんな感じ。この商品は手袋が2枚入っています。その2枚が折りたたまれた状態で入っていました。


広げるとこんな感じ。かなり大きめなので、手が大きくて入らないということはなさそうです。
手袋は左右兼用なので、両面使うことができます。

ウェット手袋なので、当たり前が濡れています。ウェットティッシュくらい濡れてました。


手袋の生地は2重構造になっているので、破ける心配はなさそうです。

使い方は手袋をはめて、頭皮をマッサージするように揉みながら汚れを取るだけ。
実際やってみるとかなりスーーーーっとして、気持ちよかったです。フローラルの香り付きなのですが、しっかりに香りもしました。
ウェット手袋は両面使うことができるので、両面を使いましたが、1枚で十分足りました。

なのでもう一枚は翌日用に置いておきます。

翌日も使ってみましたが、特に乾燥しているという感じもなく普通に使えました。(夏だからかもしれませんが…)

使ってみての感想

かなりさっぱりできるのでお勧めです。
災害用に準備しておくのであれば、1週間分として1人3~4セット買っておいてもいいかもしれません。ちなみに5年間保存可能です。

持ち運びしやすいので、個人的には登山用やアウトドア用としてもかなり使いやすいと思いました。
1袋に2枚しか入っていないので、長期の入院となるとこの商品はちょっと向かないかもしれません。そんな時は↓の商品がおすすめです。


150mlあるのでこれ1本でウェット手袋よりも多く使用することができますので、長期入院中などにはお勧めです。
ただしこの水のいらないシャンプーは髪の毛がかなり濡れるのでタオルドライが必要になります。

利用シーンにあわせて自分に合う購入するのがおすすめです。
それではまた!(o|o)

一覧へ戻る

カテゴリー