1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 防犯
  4. 引き戸に穴をあけずに鍵を後付けする方法!

引き戸に穴をあけずに鍵を後付けする方法!

こんにちは、あんしん壱番の李(Lee)です。

実はあんしん壱番はYouTubeの公式チャンネルがあるのですが、補助錠の動画コメントでよく聞かれる質問があります。
それは「引き戸につけれる鍵はありませんか?」ということです。

結論を書くと「穴をあけていいならあります。穴あけなしだと引き戸専用のものはないので他のもので代用する」ということになります。
というわけで今回は引き戸に後付けでつけれる補助錠について解説します。

そもそも引き戸とは

「引き戸」と聞いて自信をもってこんな扉と回答できる人も少ないのではないでしょうか。
引き戸とはレールの上を左右に滑らせるようにして開ける扉で、スライドドアと呼ばれたりもします。
室内扉だと↓みたいな感じのものがよくついています。

玄関扉だと↓みたいなタイプが多いです。

サ〇エさんの家の玄関をイメージすると間違いありません。

ちなみに↓は引いて開けるので引き戸と勘違いしやすいですが、これは開き戸ですね。

引き戸につけれる鍵

穴あけ加工なし

本題の引き戸につける鍵ですが、冒頭でも解説した通り、穴あけ加工なしでつけれる引き戸専用の補助錠はありません。
当店で取り扱いはありませんし、市場全体をみてもないんじゃないかなぁと思ったり。

「でもうちは賃貸物件だし穴あけ加工は絶対むり!!」という方は窓用の補助錠を代用するという方法があります。(というかそれしか方法な気がします。)
窓はほとんどの場合、引き戸と同じでスライド式です。
なので窓に取り付けできる穴あけ不要な補助錠というのは引き戸にも取り付けできる可能性があります。

例えば「マドガード」は窓枠に粘着テープでレールを取り付けて固定します。


これであれば引き戸にも穴あけ不要で取り付けできる可能性があります。
扉の隙間が5mm以上あることが取付条件です。(詳しくは商品ページをご確認ください。)

冒頭で紹介した玄関の引き戸は戸が2枚あり、引き違い戸と呼ばれています。
この引き違い戸の場合は窓と同じように戸のあわさり部分に取り付けます。

1枚しか戸がない場合は取っ手と逆側の扉につける、もしくは↓のように壁の部分に取り付ける形になります。

以前、窓用の補助錠を引き戸に取り付けたという商品レビューをみたこともあるので取り付けができるケースもあるようです。
しかしいくつか懸念点もあります。

懸念点1 扉の重量

窓と扉だと当然扉の方が重量があります。
なので開けようとしたときにかかる力も扉の方が大きくなります。
よって窓では補助錠が取れなかったとしても、扉だと開けようとしたときに規格以上の力が加わり粘着テープがはがれてしまう危険性があります。

懸念点2 扉の材質

窓枠はアルミで出来ていることが多く、補助錠に付属している粘着テープもアルミサッシに最も粘着性を発揮します。
しかし引き戸は木製のことも多く、窓とは材質が異なるため粘着テープの性能が発揮されないことがあります。

これらの懸念点もあるので、窓用の補助錠を引き戸に取り付けるのはあくまで自己責任で粘着テープが外れてしまっても仕方ないという心持ちで取り付けた方がいいと思います。
また万が一のことを考えて、取り付けは玄関ドア以外の室内ドアに限定することを強くおすすめします

穴あけ不要な窓用補助錠一覧はこちら

穴あけ加工あり

「粘着テープでは不安」、「玄関ドアに鍵を取り付けたい」という方は穴あけ加工して取り付けるタイプの補助錠をお勧めします。
穴あけ加工といっても、DIYで比較的簡単に取り付けれるものから鍵屋さんに依頼して本格的な工事が必要なタイプのものもあります。

DIYで簡単に取り付けできるタイプ

穴あけ加工というとすごく難しそうなイメージがあると思いますが、DIY素人でも取り付けできるようなタイプの補助錠もあります。
オススメはインサイドロックです。



インサイドロックは工夫次第で様々な扉に取り付けができる後付け錠です。
木製ドアでもキリで下穴をあけてからドライバーでビスを締めていけば取り付けできます。

引き戸には↓の左図のようにすれば取り付けできます。

他にもスライドラッチを取り付ける方法もあります。


このスライドラッチも本来は開き戸などに取り付けるための補助錠ですが、引き戸にも取付できます。
スライドラッチにはスペーサーも付属しているので、枠より戸の方が凹んでいても、最大9mmまで高さの調節もできます。
見た目もスマートなのでモダンな雰囲気の家にはお勧めです。

業者に依頼して取り付けるタイプ

玄関ドアなどに鍵を取り付ける場合はこれから紹介するような防犯性能の高いものをお勧めします。
これらの後付け錠は防犯性は高いですが、なかなか自分で取り付けれるのは難しいので業者に依頼して取り付けることをおすすめします。
ネットで近くの鍵屋さんを調べて取り付けできるかどうか問い合わせてみてください!

取付施工費は業者にもよりますが、おおよそ2万円~4万円くらいになると思います。
大阪近郊でしたら当店が取り付けることも可能です!

シンプルにキーで施錠・解錠できればいいという方にはウエスト 万能面付鎌錠430がおすすめです。
防犯性の高いディンプルキーでドアの材質や左右勝手を気にしなくていい万能の面付け錠です。

閉め忘れが心配…という方にはキーレックス800 自動施錠付きがおすすめです。
扉が閉まると勝手に鍵がかかるので閉め忘れの心配がありません。
また暗証番号で解錠するので鍵を失くしてしまうこともありません。

もっと利便性を上げたいという方はデジタルドアロックをお勧めします。
カードやタグ、スマホでも開けれるようになるので、利便性は爆上がりします。

まとめ

いかがだったでしょうか。希望の後付け錠は見つけれましたでしょうか。
もしご不明点ございましたら、お気軽にコメントかお問い合わせください!

それではまた(o|o)

一覧へ戻る

カテゴリー