1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 休業中の店舗の防犯対策

休業中の店舗の防犯対策

現在、コロナウイルス感染拡大を防ぐための休業要請によりお店を閉めている場合が多くありますが、休業中の店舗へ空き巣が入るケースも増えています。

店員が誰もいない時間が長くなる今、店舗の防犯対策としておすすめの商品をいくつかご紹介します。

1.防犯カメラで監視


防犯カメラは店内の監視だけでなく、取り付けていることをアピールすることで犯罪抑止力にもなります。


「カメラ設置」ということがわかるステッカーをあわせて用意しておくとさらに効果を発揮します。

2.鍵を保護する

バールでのこじ開け防止


ドアの隙間にバールを差し込み強引に錠を破壊して侵入する手口を防ぎます。

ピッキング防止


サイズが合えば握り玉タイプのノブにも取り付けられるので、長期休業の際は出入口の施錠だけでなくピッキングによる不正開錠ができないよう鍵穴を隠してしまうとより安全です。

3.警戒アラームを設置する


窓などのガラス面に貼り付けることで、ガラス破壊の振動や開閉を検知して大音量のアラームを鳴らします。

長期休業はその期間は誰もいないことを空き巣に知らせているような状態のため、しっかりと防犯対策をとっている店であることをアピールし犯罪を未然に防ぎましょう。
少しでも参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

記事カテゴリー